投稿

田舎育ちの子どもは、空間認識能力が高い

イメージ
  こんにちは、 四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室 塾長・ 学びスタジオ®︎ 代表の奧川えつひろです。 ご訪問いただき、ありがとうございます。 今回は、田舎育ちについて書きます。 ❤︎子育ては、都会か田舎か 子育ては、 教育リソースが豊富な都会かいい それとも 自然に囲まれてのびのび育つことができる田舎がいい ❤︎環境が認知機能に影響する 実際、 置かれた環境の文化的・地理的特性は、 その人の認知的特性に大きく影響することが 明らかになっています。 緑に囲まれた環境の方が、認知機能の発達が良いことがわかってきました。 ❤︎環境が精神機能に影響する 例えば、 小学生の子どもが、 都会での生活は、 精神疾患のリスクが高くなり、 ストレスなどによる 情動を処理する脳領域である"扁桃体"は、 より強く活性化されます。 よりネガティブな反応するということです。 一方、 緑の多い地域に住んでいる子どもは、 ストレスが解放され、 精神機能の健全に育むことができるようです。 ❤︎空間認識能力に影響する 田舎で育つ方が、生涯にわたって空間認識能力が優れています。 ❤︎整備されている都会 都会のように 整備され直線的でシンプルな地形を持つ都市で育つと、 地形などの立体構造や自分の位置や状況などの身体性情報について、 それほど高度な処理が必要ありません。 ❤︎複雑な田舎 田舎のように 整備されていない山や森のような 複雑な地形の中で子どもたちが遊ぶには、 俯瞰的視点を持ち、 頭の中で、 地形などの複雑な立体構造や 自分の位置や状況などの身体性情報を 処理していく必要があります。 ❤︎脳の可塑性が空間認識能力を育てる この空間認識に関わる能力については、 子どもの頃の育った環境の影響が、 生涯にわたって基盤となります。 ❤︎ナビゲーション能力が優れている 田舎で育った人の方が、 ナビゲーション能力が優れており、 それは生涯にわたって影響があります。 さらに、 育った環境の地形が 不規則的で複雑であるほど、 そのナビゲーション能力は高くなります。 ❤︎空間認識能力の必要性 ナビゲーション能力を含む 空間認識能力が人にとって重要な能力です。 これは、 進化学の視点からも示唆されています。 進化の中で、 道具を編み出したことが人の特徴の一つです。 このとき、 必要な立体的
イメージ
  こんにちは、 四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室 塾長・ 学びスタジオ®︎ 代表の奧川えつひろです。 ご訪問いただき、ありがとうございます。 今回は、 努力が習慣化すれば、 子どもの可能性は無限に拡がります。 努力の習慣化について "全国統一小学生テスト"を通して書きます。 ❤︎四谷大塚の"全国統一小学生テスト"について このテストは、 ただ、偏差値、順位が出るテストではありません。 出来た問題、 出来なかった問題が 詳しくフィードバックされます。 ❤︎要領ではなく、努力を通じて、大きく成長する "全国統一小学生テスト"の理念は、 独立自尊の社会・世界に貢献できる人 を育てることです。 テクニックを使って、 要領よくテストを突破することではなく、 目的達成に向けて努力し、 人間的に大きく成長することです。 本気になって努力すれば、 どんな夢・目標も実現できるという自信を与え、 学習への気持ちを固めて 努力を通じて大きく成長する機会を与えることです。 ❤︎努力が習慣化するためのポイント 結果をほめるのではなく、 努力しているプロセスをほめます。 努力していることをほめる→ もっとほめられようと努力する→ よい結果が出て自信を持つ→ 自分で目標設定できるようになる→ さらによい結果が出て努力する→ より高い目標設定ができる→ このように努力の習慣化につながっていきます。 ❤︎ほめる時の4つポイント ❶すかさず ❷率直に ❸具体的に ❹伸ばしたい方向に 「長い時間勉強できるようになったね 毎日積み重ねてきて力がついたね」…… テストの点数の原因となる具体的な努力を ほめてあげることで、 今後も努力することを決意します。 ❤︎"アイメッセージ"でほめる 「私は嬉しい」 「お母さんは嬉しい」…… 自分を主語にしてほめます。 「私の努力でお母さんを喜ばすことができたんだ」と感じます。 子どもは人のために努力するからこそ、 より頑張ることができるようになっていきます。 ❤︎行動が変わったらすぐにほめる 心が変わり行動が変わる→ (すぐにほめる)→ 勉強する→ 成績が伸びる→ 成功体験からもっと努力するようになります。 ❤︎子どもを伸ばしきれない家庭 短所矯正型で、否定語をよく使い、叱責が多い 結

これからは、「どうありたいか」が大切

イメージ
  こんにちは、 四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室 塾長・ 学びスタジオ®︎ 代表の奥川えつひろです。 ご訪問いただき、ありがとうございます。 今回は、四谷大塚の”全国統一テスト”が子どもたちに与えるものについて書いてみます。 ❤︎全国統一テストは13年間受験できる 全国統一テストは、 年長さんから高校3年生まで、 年2回・13年連続受験が可能です。 中学・高校・大学受験する子どもたちにとって、 未来に向けた第一歩を踏み出す機会になります。 ❤︎「何のために今勉強するのか」を考える ❶出生数の減少 2020年の出生数が統計史上最少の87万人台で、 2021年84万人で、6年連続で最小を更新しています。 この人口が減少する中でも、 国力を高めていかなければなりません。 ❷高度知性社会を迎え、"学びのあり方"が大きく変わる これまでの時代は、 社会状況が大きく変化することはほどんとありませんでした。 これからの時代は、 変化のスピードが速く、 常に危機感を持ち、 新たに学び続ける必要になってきます。 知識量は膨大になっています。 しかし、 与えられた時間は 大きく変化するわけではありません。 ❸世界では、パラダイムシフトが起きている かつて、 "Japan as No.1"製造業で日本は世界一でした。 その後、 IT時代に、 アメリカが世界一、 日本は大きく差をつけられました。 そして、 AI時代、各国が競争中です。 最先端の技術を活用し、 新しい価値が生み出されています。 また たった一人の知恵と実行力で、 大きな産業を生み出すことが可能になりました。 ❤︎将来どう生きたらいいか? 今までは、 "何になりたいか"でした、 決まった形が見えていました。 これからは、 "どうありたいか?"です。 形がドンドン変化し、形が見えません。 例えば、 社会に貢献する仕事がしたい、 新しい価値を創造する仕事がしたい その実現方法はさまざまにあります。 ❤︎"どうありたいか"を磨くためにの手段として 受験すること(自分の学力を試すことは)、 自分の学力を試し、 「できた!」「くやしい!」などの感情を持ち、 結果を素直に受け入れるということです。 そして、 自分の学力の見える化が、